高齢者の非常持ち出し袋の中身

【無料で資料請求】いつでも相談できる!安全・安心な毎日を!

離れて暮らす家族も安心!急な体調不良にも対応します。
防犯のプロによるセキュリティアドバイスも実施中!

>>大切な両親を守りたい!ALSOKみまもりサポートはこちら!

高齢者の非常持ち出し袋の中身

 

【非常持ち出し袋とは】

 

非常持ち出し袋とは、地震や台風などの災害に遭ったとき自宅から持ち出す物です。

 

自宅に帰れないことを考えて、自力で3日間を乗り越えることを想定して中身をそろえましょう。非常持ち出し袋は、1人に1個用意して、各自が自分の袋を持って避難します。

 

なお、一番大事なのは「命」。

 

大事な命を守るため、避難することを最優先します。非常持ち出し袋は極力軽くして、速やかに逃げましょう。

 

袋が重くて逃げるスピードが遅くなってしまっては意味がありません。

 

>>非常用持ち出し袋の販売はこちらAmazon

 

 

 

【非常持ち出し袋の目的】

 

 

非常持ち出し袋の目的は、安全な避難所にたどりつき最低限不便な思いをしないために必要な水、食料、薬、道具(3日分ほど)を準備しておくことです。

 

必ず両手が自由になるリュックサックタイプを選びましょう。頭部を保護する帽子「セーフティハット」や防災用折りたたみヘルメット「ブルーム No.100」もあわせて用意しておきます。

 

 

 

【非常持ち出し袋は2つ作っておく】

 

 

夜間、寝ているときに災害がやってきた時のために「必携品をまとめた袋」と「非常持ち出し袋」を2つ用意します。

 

必携品は枕元に大きめのハンカチを敷き、その上に本当に必要なものを置いておきます。ハンカチのかわりに適当な大きさのカゴでもいいでしょう。翌日、何事もなければ元の場所に戻します。

 

いつも持っているリュックサックが「必携品袋」であれば、いざという時に本当に役立ちます。

 

非常持ち出し袋から傷みやすい飲料水などを取り除き、自動車のトランクに入れておくのも手です。

 

>>必携品袋の中身(リスト)

 

・携帯電話(スマートフォン)
・眼鏡(老眼鏡)
・家の合鍵
・入れ歯と入れ歯洗浄剤
・おくすり手帳
・一週間分の薬

 

 

 

【非常持ち出し袋の中身(リスト)】

 

 

非常持ち出し袋は、あなた専用のものを作ってください。

 

・食料(3日分)
・飲料水(500ミリリットルのペットボトル3本)
・薬
・ウェットティッシュ(ウェットペーパー)
・ティッシュ
・紙おむつ
・簡易トイレ
・使い捨てサージカルマスク
・防塵マスク
・貴重品(お金、健康保険証など)
・軍手
・ホイッスル
・非常用ブランケット
・レインスーツ
・ビニール袋(スーパーのレジ袋でも可)
・携帯ラジオ

・携帯電話やスマートフォンの携帯充電器
・歯磨きシート
・非常用トイレセット
・アイマスク
・耳栓
・スリッパ

 

 

 

【避難ファッションを作っておく】

 

 

着なくなったポケットの多い上着、シャツ、パンツをセットにしてクローゼットに準備しておけば、いざという時にあわてずにすみます。

 

ポケットには薄手のレインコート、お金、下着、お菓子、ティッシュ、靴下、タオルなどを入れておきます。

 

 

 

>>高齢者に役立つ最新情報(ニュース)2017年版

【無料パンフレット請求】ボタンひとつで警備員が駆けつけます!

急な体調不良や不慮の事故でも大丈夫!まもるっく!
ALSOKが見守る、見つける、駆けつける!

>>離れて暮らす家族を見守る、まもるっくはこちら