高齢者の便利グッズ情報

【無料で資料請求】いつでも相談できる!安全・安心な毎日を!

離れて暮らす家族も安心!急な体調不良にも対応します。
防犯のプロによるセキュリティアドバイスも実施中!

>>大切な両親を守りたい!ALSOKみまもりサポートはこちら!

お年寄りの活動範囲を広げる電動車イス

 

 

【電動車イスとは】

 

電動車イスは、その名のとおり電動モーターを動力源として、腕に障がいのある人や、長い距離を移動したい人にとって役立ちます。

 

操作方法は、利用者が手元のコントロールレバーを使い、車イスの方向を変えていきます。車輪は前輪が2つ、後輪が2つの合計4輪のもの、前輪が1つ、後輪が2つの合計3輪のものがあります。

 

標準の電動車イスが持つ機能に加え、座面が電動で上下する座席昇降型電動車イスもあります。

 

ほかにも、車イス電動補助装置もあり、普通型の車イスの駆動輪に電動モーターを取り付けるだけで、電動車いすになるものもあります。介護者が押すタイプのものに付ければ、坂道なども楽に上れ、介護の負担が軽くなります。

 

>>電動車イスはこちらAmazon

 

 

 

【道路交通法上は歩行者扱い】

 

 

電動車イスの最高時速は6キロで、歩行者とほぼ同じです。

 

道路交通法上は、歩行者扱いなので歩道を走行します。免許は不要ですが、歩行者としてのルールを守る必要はあります。

 

 

 

【電動車イスの操作方法】

 

コントロールボックスは、速度と走る方向を操作する機能があります。

 

腕の力が弱く、コントロールレバーを操作できない人は、あごの位置にコントロールボックスを付け、首の動きで操作することもできます。

 

 

 

【電動車イス使用上の注意点】

 

 

電動なので充電が必要です。途中で電池切れしないよう、いつも電池残量には注意しましょう。夜間など使用しないときにバッテリーを充電しておきます。

 

免許は不要ですが、あくまでも乗り物。自転車と同様、ある程度の練習は必要です。

 

電動車イスは、標準の車イスと違い重量があります。たしかに便利ですが、道路は道幅が狭く、傾斜もしているため、道路の舗装状況を把握しつつ走行しましょう。

 

走行中、側溝に落ちてしまった。踏切で立ち往生したなどの事故も増えています。

 

 

 

【車イス用クッション】

 

 

福祉用具としての車イスを使いこなすには、いくつかの付属品が必要です。とくにクッション、レインコートは姿勢の矯正や、雨に濡れないために常備しましょう。

 

>>車イス用クッションはこちらAmazon

 

 

 

【車イス用レインウェア】

 

 

突然のゲリラ豪雨、雨天の外出のときの必需品。介護者がいる場合、傘を差しながら車イスを押して介助することは困難なので、レインコートは有効です。自動車から視認されやすい明るい色を選びましょう。

 

>>車イス用のレインコートはこちらAmazon

 

 

 

【車イス用スロープ】

 

 

自宅に入る時に段差をこえる便利なスロープがあります。

 

>>車イス用スロープはこちらAmazon

 

 

 

【視認性の優れたライトで夜間の安全確保】

 

 

夜間に高齢者の交通事故が増加しています。車イスも例外ではありません。電池で光るLEDライトで、自動車に自分の存在を知らせましょう。

 

>>まもライトフックはこちらAmazon

 

>>誤嚥・嚥下障がいを防ぐ道具

【無料パンフレット請求】ボタンひとつで警備員が駆けつけます!

急な体調不良や不慮の事故でも大丈夫!まもるっく!
ALSOKが見守る、見つける、駆けつける!

>>離れて暮らす家族を見守る、まもるっくはこちら